ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談 記事

食べる順番を変えるだけダイエット

2017/09/21

野菜ジュース

お腹をいっぱいにしてやせたい方におすすめのダイエット方法が食べる順番ダイエットです。

食べる順番を変えるだけで食べるものは普段通りでよいので、無理な食事制限をする必要がありません。食べる順番ダイエットでは、最初に野菜を食べ、次に魚や肉などタンパク質が多い食品、最後にご飯やパンなど糖質が多い食品を食べます

野菜には食物繊維が含まれています。食物繊維には水分を吸って膨らむ性質があり、満腹感を与えてくれます。食物繊維が多い食品は、自然とよく噛んで食べるようになります。たくさん噛むことで摂食中枢が刺激されて満腹感を得られます。

野菜を食事のはじめに食べることで満腹感を得ることができ、自然と食べすぎを防止できるのです。また、血糖値の上昇を緩やかにする働きもあります。

糖質を摂取すると血糖値が上昇し、糖を取り込むインスリンが分泌されます。血糖値が高くなるほどインスリンの分泌量が増加します。インスリンには脂肪合成を促進する働きがあるため、血糖値が高くなりインスリンの分泌量が増えるほど脂肪がたまりやすくなります

血糖値の上昇を緩やかにすればインスリンの分泌を抑える事ができ脂肪蓄積を予防できます。

野菜を食べる量は一皿以上が目安です。糖質が多い野菜をはじめに食べてしまうと血糖値の急激な上昇を招くので、糖質が多い人参・かぼちゃ・トウモロコシなどは、はじめに食べないようにしましょう。次に肉・魚・大豆製品などタンパク質が多い食品を食べます。

肉や魚はカロリーが高いので、ダイエット中は控える方が少なくありませんが、タンパク質をしっかりと摂取すると、肌・髪・筋肉など人間の体を構成してくれます。

タンパク質が不足すると肌がカサカサになったり、髪がパサパサになるなど、美容面に影響を与えます。筋肉も少なくなり代謝が落ちてやせにくくなります。タンパク質をしっかりと摂取することで適度な筋肉がつき、代謝がよい体に近づきます。

最後に糖質が多いご飯やパンなどを食べます。最後に糖質が多い食品を食べることで、血糖値の急激な上昇が抑制されます。また、先に野菜などを食べることで満腹感を得られているので、自然と食べる量を抑えられます。白米や白いパンでもよいのですが、よりダイエット効果を高めるなら、茶色い食品を選ぶことがおすすめです。

玄米や全粒粉のパンなど茶色い食品は、白米などに比べて食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれています。血糖値の上昇が緩やかで、代謝に必要な栄養も摂ることができます

-体験談, 記事
-,