ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

無理なくダイエットを成功させる3つのポイント

2017/09/21

体重計

夏が近づいてくるとダイエットの季節になりました。冬場に増えてしまった体重を減らしたい方は多いのではないでしょうか?ダイエットで最も取り組みやすい方法の1つが食事制限ですが、過度な方法や誤った方法では健康を損ないかねません。

そこで今回は、過度な方法に比べ安全に行える方法の3つのポイントを紹介させて頂きます。

1.無理な食事制限ではなくカロリー計算を行ってみる
食事制限は無理に食事の量を減らすだけでは健康を損ないかねません。そこで、自分が必要なカロリーを摂れているか?それとも余分に摂り過ぎてはいないかを考えてみましょう。

検索エンジンで基礎代謝量と運動量という検索を行ってみると、ご自身の性別、体型、仕事の内容や運動の内容で必要なカロリーを表した図表を見ることができます。

1例ですが男女それぞれのデスクワークを仕事とする方に必要なカロリーは次の通りです。
・男性で体重60kgの方 約1800kcal
・女性で体重45kgの方 約1350kcal

こちらは最低限必要なカロリーの値ですので、飲食で摂るカロリーがこの値を下回ると痩せ、大幅に摂りすぎると太ってしまいます。

昼食や間食が自炊ではなく、お店で食べ物を購入される方はウラ面のカロリー表示を確認し、ご自身がどの程度のカロリーを摂取したかを計算してみましょう。この時に大切なことは、食べ物だけではなく飲み物のカロリーも計算に入れるようにしましょう。

2.炭水化物の摂取を朝・昼型に変えてみる
ダイエットの敵と呼ばれることの多い炭水化物。炭水化物を食べないダイエットが流行した時期もありましたが、現在では健康を損なう危険な方法と知られるようになりました。

ですが、確かに炭水化物を制限することですぐに減量することができるのは事実です。では、どのように炭水化物を食べればいいのか?それは、食べる時間を変えてみることです。3食のご飯のうち、夜食べるご飯の量を半分にします。

そして、夜減らした分の半分のご飯を朝食や昼食に加えてみましょう。炭水化物は体の中で糖質に分解され、筋肉や脳を動かすエネルギーになります。夜間は昼に比べ筋肉や脳を動かす時間が短く、余ってしまった糖質が体に蓄えられてしまします。

逆に朝や昼に摂った炭水化物は仕事や運動のエネルギーとして使われてしまいますので、ご飯の配分を変えるだけで体に余分な栄養を溜め込んでしまうことを防ぐ事ができます。

3.水分は十分に取れていますか?
最後にダイエットでは水分も不足しがちになってしまいます。これから気温の高くなる季節、水分の不足は脱水症状や熱中症の原因になります。

人が1日に必要な水分の量は体重45kgの方で約1500ml、持ち歩き用のペットボトルで3本分です。この水分はアルコールやカフェインを含まないものでなければなりません。

食べる量を減らしている方の場合は意識して水分補給をする必要があります。ダイエットが成功すると達成感もあり、何よりコンプレックスが無くなった満足感を得られますね。ですが、無理なダイエットで健康を損なってしまうと暮らしが成り立たなくなってしまいます。

今回の3つのポイントを抑えていただき、すぐに効果は現れにくい方法ではありますが、健康的に体重を管理すしてみてはいかがでしょうか?

-記事
-, ,