ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

体を温めて痩せられる生姜ダイエット

2017/03/10

ショウガ

日本人には薬味や料理のお供として欠かせないのが生姜です。ピリっとしておいしいですし、魚など臭い消しなどにも用いられています。

また、昔から漢方薬として用いられてきた生姜には様々な健康パワーがあり、胃腸の調子を整えたり、解熱や殺菌など様々な効果効能を持っています。最近では冷え性に良いと女性の間でも人気になっていて、スーパーでも生姜が入った食品をたくさん見かけるようになりました。

そして、女性には効果として生姜はダイエットにも役立ちます。

生姜を食べたり飲んだりすると体が温まりますが、これは生姜に含まれている成分が血管を広げてくれて、血行がよくなるからです。血行がよくなるということは代謝が上がるということにもつながり、基礎代謝を向上させてくれて、痩せやすい体作りに効果的です。

ただ、注意したい点が一つあります。生の生姜と乾燥させたり加熱した生姜では、働きが少し違っています。どちらも体を温める作用があるのですが、温める場所が違っています。

生の生姜にはシンゲロールという成分が含まれていて、これは体の浅い部分を温める作用があります。また、発汗を促す作用を持っています。

つまり、体の表面に近い部分が温まるものの深部はそのままですし、汗をかいた後には体が冷えてしまいます。一時的に体を急速に温めるのには向いていますが、ダイエットや冷え性改善には逆効果になります。乾燥した生姜や加熱した生姜はこのシンゲロールの成分が変化して、ショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールは体の深い部分をじんわりと温めてくれて、体が冷えにくいという特徴があります。つまり、ダイエットに生姜を役立てるにはこのショウガオールを取る必要があります。

乾燥した生姜や生姜パウダーなどはショウガオールが含まれていますから、そのまま料理に使ったり、飲み物に入れるだけで、生姜ダイエットができてしまいます。

生の生姜を加熱する場合には注意しましょう。加熱しすぎてしまうとせっかくのショウガオールなどの有効成分が壊れてしまいます。加熱した生姜を作る場合には、短時間で温めすぎないようにするのが大切です。

生姜ダイエットに適した量はだいたい1日に生姜10g程度で大丈夫です。生姜スライスで言えばだいたい6枚くらいで、おろしたものだとスプーン1杯程度です。ダイエットを効果的に行うなら、運動をする前に生姜を入れた飲み物などを取ると良いでしょう。

ポピュラーなものは生姜紅茶です。紅茶に乾燥生姜を1枚程度入れたものが理想的で、1日に数回飲むと体も温まりますし、代謝アップで痩せやすい体質になれます。

-記事