ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

中性脂肪を減らす為に食欲を制御する

2017/03/13

ご飯

ダイエットを行う場合、食欲のコントロールが1つのポイントになってきます。できるだけ食欲を抑えるよう、心がけてみると良いでしょう。

そもそも体脂肪率がむやみに増加する原因の1つに、食べ過ぎが挙げられます。やはり食べ過ぎてしまう事は、あまり良くないのです。人間の体の中で消化できるボリュームは、限界があります。最大値を超えた分の食材などは、脂肪の原料になってしまう傾向があるのです。

例えば人間が1日に消化できる食材のボリュームは、10前後だとします。ところで食べ過ぎてしまうと、10以上のボリュームになってしまう訳です。それこそ13や15など様々なボリュームが考えられますが、余剰分が中性脂肪になってしまうという流れがあります。

例えば1回の食事で、14前後のボリュームを摂取したとします。それで人間の体の中にある組織が頑張って、その内の中はどうにか消化できる訳です。

ところが問題は残り4です。確かに14の中の10は消化する事が可能ですが、残り4を消化する事が不可能になってしまいます。その4が、中性脂肪として体の中に蓄積されてしまう訳です。

こういった要素を考慮するとやはりむやみに食べ過ぎてしまうのは、あまり良くない事が分かるでしょう。ではどうすれば良いかというと、やはり食欲の抑制が1つのポイントになる訳です。幸いにも昨今では、食欲を抑える為の製品も色々と販売されています。

例えば薬店などでは、サプリメントなどを多く販売しているでしょう。それら錠剤の中には、食欲をコントロールしてくれるタイプもあります。

本来よりも多くの食欲が生じないよう、上手く調整してくれる訳です。ですから上記のような10前後という食欲にとどめるよう、上手く働きかけてくれるのです。サプリを飲まない時には、むやみに食欲が増幅されてしまって、14前後は食べてしまう事はあり得るでしょう。

しかしサプリを服用した時には、最大10程度に抑えられる訳です。必然的に食欲が抑えられますから、むやみに中性脂肪が蓄積されるのを防ぐことができます。

またマンナンを含む食材なども、悪くありません。いわゆる蒟蒻などがそれに該当しますが、一番最初に蒟蒻を食べていけば、お腹がそれなりに膨張するでしょう。それで食欲がある程度抑えられる事で、食べるボリュームを減らす事ができます。

このように食欲を上手く抑制する事は、ダイエットのポイントの1つになるでしょう。どうも食べすぎが気になる時などは、食欲を調整してみるのが望ましいです。

-記事