ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ダイエット中の空腹を抑えるには

2017/09/15

お水とメジャー

ダイエット中につらいのは空腹ではないでしょうか。空腹を我慢できなくて食べてしまいダイエットに失敗、こんな経験がありませんか。

食べすぎは肥満の原因になりますが、食べすぎに気をつけていると空腹が気になります。では、ダイエット中の空腹はどのように抑えたらいいのでしょうか。そもそも、どうして空腹を感じるのでしょうか。

空腹は血糖値が下がったときに感じます。体は血糖値を一定に保つように働いています。血糖値が下がったときには血糖値を上げるホルモンを分泌したり、何かを食べて血糖値を上げます。つまり、血糖値が下がると何かを食べるように空腹感を生み出すのです。

糖質を摂れば血糖値の低下を防げるだろうと思うかもしれませんが、糖質の過剰摂取は血糖値を下げてしまうことがあります。糖質を過剰に摂取すると、血糖値を下げるホルモンのインスリンが大量に分泌されます。すると、急激に大量のインスリンが分泌されたため血糖値が下がりすぎてしまいます。そして、血糖値が下がって空腹を感じます。

糖質は血糖値を上げて空腹を抑えてくれそうですが、逆に空腹感を生み出してしまうのです。

空腹を感じたとき、甘いものが欲しくなりますよね。しかし、ここで甘いものを食べると血糖値の急上昇をして反動で血糖値の低下を招くので、甘いものは控えましょう。食べるのなら糖質が少ないものがおすすめです。ナッツ、チーズ、無糖ヨーグルトなどは糖質が少なく、空腹を抑えたいときにおすすめの食品です。

普段の食事では食物繊維を摂るようにしましょう。食物繊維には糖の吸収を抑制して、血糖値の上昇を抑える働きがあります。水分を吸って膨らんで満腹感を与える働きもあります。野菜・果物・海藻・きのこ・豆類・未精製の穀物などに食物繊維が多く含まれています

また、水分が不足していると空腹を感じることがあります。空腹を感じたときには、まずはコップ1杯の水を飲んでみましょう。このときに飲むものは水です。

糖分を加えているものや、お茶やコーヒーではありません。糖分が加えらえられているものは、血糖値の上昇と血糖値の低下を招きます。また、このようなもので水分補給を日常的にしていると、カロリー摂取量が増えます。コーヒーやお茶には、カフェインが含まれています。

そしてカフェインには利尿作用があり、水分補給には適していません。水分補給はなにも加えられていない水で行いましょう。冷え性の方は、常温または白湯がおすすめです。

-記事
-,