ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ダイエットをするなら食生活の改善に力を入れましょう

2017/09/15

いろんな野菜

ひたすら運動をしてもなかなかやせない。それがダイエットの面倒なところです。だからさらに運動量を増やす、ということをやると大抵の場合しんどくなりすぎて挫折します。

ではどうするべきなのか、ここでダイエットをしている人がやるべきことはたったひとつしかありません。それは食生活の改善に力を入れることです。

いくら運動に力を入れていても、高カロリーのものをどんどん食べていると痩せることは出来ません。特に油で揚げたポテトや酒、コーラなどは太りやすいので、これらの物とは縁を切るようにしましょう。(それらの食べ物とこんにゃくやひじきなどの低カロリー食品を入れ替え、これらのものを積極的に食べるようにするとなおいいです

これらの物を断つことで、かなりカロリーをカットすることができますが、これだけではまだ食生活の改善には足りません。食生活を改善するためには、カロリーカットの他にも食事タイミングを改善する必要があるのです。

食事タイミングの改善というのは、文字通り食事を取るタイミングを規則正しくするということですが、ダイエットをする上で、これをやるとやらないとでは雲泥の違いがあります。

例えば夜間食をする人はその間食をやめてその分朝食を取ると太りにくい体質になるので、間食をしている人は必ずそれをやめましょう。そうするとお腹が減るという問題が出てきますがそれなら夜2時間くらい早く寝てしまい、腹がすかない環境にしてしまえば問題ありません。

夜早く寝てその分2時間早く起きれば睡眠時間も変わりませんし、朝食を作る時間も出来ますので、ダイエットをするなら、間食をするしないに関わらず、早寝早起きの生活を心がけるといいでしょう。これだけやってもまだ痩せない人の場合、食事量を減らすしかありません。

なので、確実にやせたいなら3分の1を目安にして食事を減らしてしまうことをお勧めします。

そうすれば確実に痩せることができますが、これをやる時に気を付けておくことが一つあります。それは、食事量を減らした分食事を噛む量を増やすことです。どんな食事であっても、噛めば噛むほど満腹感が増すことは変わりないので、1回物を口に含んだら30回噛むことを目標にしましょう。そうすれば、食事量を減らしても空腹を覚えることはないでしょう。

こうやって食生活を改善していけば、そこまで運動をしなくても痩せることができます。なので、ダイエットをするなら、きつい運動をするより食生活の改善に力を入れましょう。

-記事
-,