ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ダイエットに失敗する3つの要因とその対処法

2017/09/21

アゴに手をそえる女性

今までに数回のダイエットに成功してきましたが、ダイエットに失敗した回数はそれ以上になっています。同じような原因でダイエットに失敗することになっていますが、おそらくは他の人も同じような原因でダイエットに失敗したのではないでしょうか。

失敗の原因をしっかりと分析して、次には同じ失敗をしないようにすれば、ダイエットの成功率はあがりますから、なぜダイエットに失敗するのかを分析することは有効です。

私がダイエットに失敗した原因は主に3つの原因があると分析しています。

一つ目は、ダイエットのモチベーションの低下です。ダイエットを成功させるためにはカロリー摂取を控えるか、カロリー消費を増やすかになりますが、普通に生活しているとやはりダイエットは不自然な生活をしていることになりますので、不自然な生活をもとに戻そうとする力が働いていくのかもしれません。

そして、一度切れてしまったモチベーションは元に戻すのが大変で、それまでのダイエットの反動が大きく出てしまうことも多いのです。モチベーションを低下させないためには無理なダイエットをしないことと、しっかりしたダイエット計画を立てることが有効でしょう。

二つ目は、ダイエットの停滞期を乗り越えられないことです。ダイエットをしたことがある人なら、ほとんどの人が停滞期を経験すると思います。

ダイエットの停滞期はダイエットを始めてから順調に体重が減少していたものが、同じようなダイエットを実行していても体重が長期間に渡って減らなくなる時期のこと指しています。

停滞期は2週間程度のことが多いと言われていますが、人によっては一ヶ月以上の停滞期を経験することがあります。この停滞期によってダイエットをやめてしまう人は相当多いと思われます。停滞期を乗り越えるためには自分とダイエット計画を信じることに尽きます。

最後は年齢による新陳代謝量の減少です。若い頃には新陳代謝が活発であるので、体重は減りやすいのです。年齢とともに新陳代謝量は減少していきますから、若い頃と同じようにダイエットをしていても若い頃よりも体重の減少が遅くなってしまいます。

この新陳代謝量の減少で、若い頃のダイエットよりも焦りが出てしまったり、ダイエットを諦めてしまったりということになってしまうのです。

新陳代謝量を上げることは難しいですから、対処法としては若い頃よりも新陳代謝量の減少をダイエット計画に反映させて、長期のダイエット計画を立てて実行するということでしょう。

-記事
-, ,