ダイエットマニア

ダイエットマニアはダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ココアを飲んでダイエット

2018/02/19

女性

ダイエットをして便秘になった、肌荒れを起こした、体が冷えたなどの不調を感じたことがありませんか。無理な食事制限ダイエットをすると、体が必要とする栄養素が不足をして、便秘や肌荒れなどの不調を引き起こすことがあります。

健康的にやせるためには、体が必要とする栄養素を摂取しながら摂取カロリーを抑えることがポイントです。栄養素が豊富で低カロリーな食品がココアです。ココアはカカオ豆を粉末状にして脂肪分を取り除いたもので、脂質が少ないのでカロリーは低くなっています。ピュアココア1杯(4g)のカロリーは4kcalです。

そして、マグネシウム、食物繊維、鉄分など不足しやすい栄養素を含んでいます。無理な食事制限をすると食物繊維の摂取量が不足をして便秘になることがあります。ココアにはリグニンという不溶性食物繊維が多く、100gあたりには約23gもの食物繊維が含まれています。

ココアの苦味のもとになっているものが、ポリフェノールの一種カカオポリフェノールです。カカオポリフェノールには血流をよくする働きがあります。血流がよくなることで全身の隅々に酸素と栄養が行きわたり、代謝がよくなります。温かいココアを飲めばさらに血流がよくなります。

また、ココアの香りにはストレスを軽減する働きがあります。ストレスはダイエットの大敵です。イライラして食べ過ぎてしまった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。イライラが鎮まれば食べ過ぎの防止になります。

ココアには、ピュアココアと調整ココアがあります。ピュアココアはココアパウダーだけで何も加えられていないもの、調整ココアは砂糖やミルクなどを加えて味を整えたものです。ダイエットに適しているのはピュアココアです。調整ココアの場合は砂糖などでカロリーが高くなってしまうことや、カカオポリフェノールの含有量が少ないため、ダイエットには適していません。

そして、ピュアココアを食事の前や間食の代わりとして飲みます。

食事の前に飲んでおけば、水分摂取をすることや食物繊維の働きで満腹感を得ることができ、自然と食べすぎの防止ができます。ピュアココア1杯は11kcalほどなので、間食として飲めばお菓子を食べるよりも摂取カロリーを抑えることができます。

しかし、ピュアココアは苦みがあるので飲みにくく感じる方もいると思います。飲みにくい場合は、オリゴ糖やハチミツを加えて甘味をつけるとよいでしょう。オリゴ糖は砂糖に比べて低カロリーで便通をよくする働きもあります。

-記事